こんばんわ、秋田県湯沢市の観光PRキャラクターこまちちゃんです。
湯沢は雪も少しずつ溶け始め、前回ご紹介した春の伝統野菜「ひろっこ」もお店に並ぶようにもなり、春の足音がちょっぴり聞こえてきました。
 さて、今回の47号は大会が中止になってしまいましたが、春空に舞う湯沢の伝統ある「湯沢凧」のご紹介です。

湯沢凧

 湯沢の春の到来は、毎年3月に開催される湯沢市凧あげ大会から始まります。まなぐ凧と言われる大きな目を特徴とした凧と錦絵を写し取ってきたのが始まるとされる武者絵凧を、春の空に舞い上げます。特に子供たちは少しでも高く長く凧をあげようと駆け回ります。今年で64回を数える伝統ある大会でしたが、残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大予防のために中止になりました。来年はぜひ皆さんと一緒に湯沢の空を彩りたいですね!

湯沢凧・・・
「まなぐ凧」と「武者絵凧」に大別されます。まなぐ凧「(まなぐ」は目の意)は、大きな目が特徴であり、組下給人阿王平馬(あおうへいま)(1771~1809)の創案と伝えられます。武者絵凧は、幕末に京都警固(けいご)のため上洛(じょうらく)した湯沢の武士たちが、錦絵を写しとってきて作ったのが始まりとされます。
特徴としては、骨組みとつり糸が簡単であり、尻尾をつけずに安定し、凧の操作を自由自在に行えるところにあります。

湯沢市凧あげ大会・・・毎年3月の第3日曜日に開催され、昭和33年から半世紀以上続いているイベント。参加費無料で、「幼年の部」「少年の部」「一般の部」などがあり、凧の出来栄えや揚げ方などで審査、優秀賞を決める。主催は湯沢凧同好会
問合せ先/湯沢市観光・ジオパーク推進課 TEL 0183-55-8180
http://www.city-yuzawa.jp/bunkazai21/2159


配信停止
http://www.yuzawashi-kanko.com/

==========================================
発行 秋田県湯沢市観光・ジオパーク推進課
〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
http://www.city-yuzawa.jp/
==========================================
YUZAWA City. All rights reserved.