こんばんわ、秋田県湯沢市の観光PRキャラクターこまちちゃんです。
本来は今日、明日と湯沢市では「犬っこまつり」が行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止になってしまいました。2022年はぜひ来てくださいね、2年分楽しめるように充実した祭りにします!
 さて、今回の46号は冬の寒さがあるからこそ味わえる冬の湯沢の伝統野菜の紹介です。

三関せり

冬といえばあったかい鍋が欠かせません。特に秋田ではきりたんぽ鍋が美味しい時期です。その具材としても脇役でありながら、主役にもなるのが「三関せり」。湯沢市三関という地区で栽培されています。
この三関せりの歴史は古く江戸時代から栽培されており、茎が太く、長く伸びた根が白くしっかりしているのが特徴です。香りも良く色も鮮やかなので鍋に良く合います。

最近は「三関せりしゃぶ」が湯沢の人気メニュー!まさに主役となった冬の伝統野菜グルメです。

三関せりは11月頃から3月頃までの寒い時期に採れる伝統野菜で、質の良い清水が欠かせません。
出荷量も年々増加していて、湯沢市では三関セリのビニールハウスのメガ団地が冬の風物詩になってきました。
ひろっこ

「ひろっこ」はまだ雪が残る2月頃から収穫する伝統野菜です。
地域のよっていろいろな呼び名があるそうですが、アサツキの若芽のことを言います。雪の下で萌芽した白い芽を、雪を掘って収穫します。大正時代に旧須川村から栽培がはじまったとされています。シャキシャキとして食感と、ねぎのような風味が特徴です。味噌和えやおひたしでいただきます。

伝統野菜(でんとうやさい)とは、日本各地で古くから栽培・利用されてきた野菜の在来品種。地方野菜とも呼ばれています。秋田県では次の三つの事項を満たす品目を伝統野菜と定義しています。
・昭和30年代以前から県内で栽培されていたもの。

・地名、人名がついているなど、秋田県に由来しているもの。
・現在でも種子や苗があり、生産物が手に入るもの。
湯沢市の伝統野菜は、県内でも一、二を争う数の伝統野菜があります。
HP/秋田の伝統野菜

JA、各スーパー、道の駅などで販売されています。
JAの通販サイトはこちら https://www.ja-town.com/shop/c/c2301/


配信停止
http://www.yuzawashi-kanko.com/

==========================================
発行 秋田県湯沢市観光・ジオパーク推進課
〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
http://www.city-yuzawa.jp/
==========================================
YUZAWA City. All rights reserved.